広島県広島市中区で人間ドック・健康診断・脳ドックと一般外来を併設しております。特に一般外来では糖尿病を中心に診療しております。
グランドタワー メディカルコート
ライフケアクリニック
〒730-0012
広島市中区上八丁堀4-1 4F
TEL.082-227-3366
FAX.082-227-1666
診療時間/
午前9:00〜午後1:00
午後3:00〜午後6:00
休診日/
土・日曜日、祝日

治験とは

「治験」とは、「医薬品(くすり)」として国からの承認を受けるために、人において有効性(効き目)・安全性(副作用)を確認するための試験のことをいいます。
私たちは、病気になって病院やクリニックなどで診察を受け、お薬をもらいます。現在、私たちが服用している薬は、研究・開発の段階で、国に定められたいくつかの過程を経て、正式に承認され、治療に使用されています。
そして、製薬会社や医療機関は、患者さまと協力しながら、今までよりもさらに有効性が高く、より副作用の少ない新薬を研究・開発していかなくてはなりません。そうして、はじめて今までとは違った新薬ができていきます。そしてまた、今まで作られた薬も、すべて患者さまのご協力があってこそ、承認・販売にまでいたってきました。治験に参加される患者さんと医師との間で築くパートナーシップこそが、新薬開発の基礎となります。

新薬が出来るまでの過程

@基礎研究
研究室での実験を通じて、数多くの新規化合物の中から、新しい薬の可能性があると判断されるものを選別します。
A非臨床試験
新しい薬の可能性があると選別されたものの効果と安全性を動物で調べます。
B臨床治験
動物実験で効果と安全性が確認されたものだけが「新しい薬の候補生」となり、人による臨床試験に入ります。(治験にも通常3つの段階があります。)
C「新薬」誕生
治験を繰り返し、効果と安全性が確認されたものだけが、厚生労働省に承認され、新薬として誕生します。

治験のルール

治験は患者さまにご協力いただき、行う試験です。治験実施にあたっては、治験に参加される患者さんの人権や安全が最大限に守られなくてはなりません。そのため、治験には国によって「GCP」といわれる「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」が厳しく定められています。それを厳守し、各種試験を行っていきます。
また、治験に参加しようかどうしようか迷っているときに、医師や治験コーディネータから参加を強要することは決してありません。あくまでもご本人の意思を尊重いたします。
参加にあたっての説明は、同意していただく前にわからないことが無いように、その内容や方法、予想される副作用など、必要なことはすべてご説明いたします。
ご本人に「理解と納得」していただいた上で、ご本人の「意思」で参加していただきます。


>> 臨床治験ボランティア募集